仮想通貨のICOとは?メリットやデメリットを初心者にも分かりやすくシンプルに解説!

こんにちは!夏草ツウコ(@kasou_tsuko)です。今日は世間では何かと話題のICOについてICOとは一体なんなのか?どんな仕組みなのか?シンプルに分かりやすく解説したいと思います。

夏草ツウコ
最初にICOについてざっくり説明しておくと・・・ICOとは仮想通貨を使った企業の資金調達方法で少額から投資可能であり資金調達した企業が話題性があり成長すると発行した独自のトークンの価値が上がりハイリターンとなる可能性がある投資です。

ICOの由来とは?


まずはICOの由来について解説していきたいと思います。名前の由来ですがICO(Initial Coin Offering:イニシャルコインオファーリング)とは株式での資金調達方法のIPO(Initial Public Offering:インターナショナルパブリックオファーリング)を文字って名付けられてます。

夏草ツウコ
ちなみに単語の意味としてはInitialは最初のという意味でCoinはそのまま通貨でOfferingは募集となってます。

ICOの仕組み

ではICOはどのような仕組みになっているのでしょうか?あまり難しい話をすると混乱しますので簡単に説明すると以下の3つのステップで企業側はICOで資金調達します。

  1. 企業がホワイトペーパーを作成
  2. プロジェクトの詳細を開示
  3. 独自トークンの発行・上場

ざっくりですが最初の段階ではホワイトペーパといわれるICOの目的や計画を作成します。次に投資家向けに宣伝をして興味を持った投資家にトークンの価格や発行枚数などを開示します。最後にトークンを発行し資金調達をした金額分を投資家に付与して上場させます。

ICOのメリットとデメリット

それではICOのメリットとデメリットについてもシンプルに説明したいと思います。

メリット

  1. 仮想通貨を使い少額から投資可能
  2. 企業に直接投資するので手数料がない
  3. 発行されたトークンが化ける可能性あり
ICOについてのメリットはなんと言ってもシンプルに魅力的な案件に仮想通貨を使って少額から投資出来るといったところです。また仮想通貨の特性である決済手数料が安く株とは違い仲介業者を通さなないで企業にダイレクトに投資するため企業側も投資家側もコストを抑えることに優れてます。

デメリット

  1. 第三者機関を通さないので信憑性が問題視される
  2. 法整備が進んでないので案件によっては危険性もある
  3. 株のように配当はない
ICOのデメリットとしては株とは違い第三者機関を通さないため案件自体をチェックする制度がないため慎重に選ぶ必要があるという部分と法整備が進んでないためICOを謳った詐欺事件も実際に発生しているといった部分です。

ICOの成功事例や可能性

今ではビットコインの次に有名な仮想通貨であるイーサリアムもEthereumプロジェクトの資金調達方法であり2014年の7月にプレセールを行い当時の相場で0.3ドル/ETHだったのが現時点では361ドル/ETHと1203倍も高騰しているのです。

夏草ツウコ
ちなみにイーサリアムを当時1万円分購入していたとすると1203万円にもなるのです。10万円購入してたとすれば1億2300万円もの巨額の富を手に入れてたことになりますね。

ICOは注意も必要

ICOでの新規発行トークンは億単位の投資としての可能性もある一方で法整備が十分ではないため詐欺まがいな事件も実際にあります。最近の話でいうと不動産会社のICOであるREcoinとダイヤモンド会社のDRCWorldがICOで調達した資金でダイヤモンドを採掘して特別価格でダイヤモンドを購入できるとされていたのですが実際には資金を集めても何もしてなかったとしてアメリカの証券取引委員会から告発されてます。

夏草ツウコ
ちなみにREcoinのTwitterはフォローを474にたいしてフォロワーは324といった感じになっているので当初から話題性が少なかったことが分かります。

ICOに投資する方法

coinscheduleというサイトに現在募集しているICOの情報が一覧で表示されてます。その中から気になる案件を見つけて公式サイトでホワイトペーパを読んでみましょう。そして気に入った案件があればその案件の公式サイトにアカウントを作成して投資を検討してみると良いと思います。


またcoinschedule以外にも国内運営のCOINJINJAというICO検索サイトも見やすく便利なので活用してみると良いと思います。

ICOに投資するならETHは必須

またICOに投資する際には基本的にはイーサリアム(ETH)を保有しておく必要があります。主な流れとしてはETHをZaifやコインチェックなどで購入してそこからMyEtherWalletに送金をしてからICOアカウントに送金してトークンセールにて独自トークンを購入する流れになります。

ETHを購入するならZaifがおすすめ

イーサリアム(ETH)はビットフライヤーやコインチェックなどの大手で購入すると販売所で購入することになります。どういうことかというと販売所ではスプレットが大きいので単純にいうと購入した時点で損をするということになります。少しわかりやすく表にまとめてみたいと思います。

サイト名 価格(ETH/JPY) スプレッド 種類
bitflyer 42,192円 4,582円 販売所
coincheck 43,794円 4,067円 販売所
zaif 40,900円 195 取引所

上記の表を見ていただけるとわかると思いますがZaifの取引所(ユーザー間での取引)で購入するのが現時点で一番安くETHを購入できますのでオススメです。

Zaifを分かりやすく解説

zaif-hed-2

イーサリアムを購入するなら指数で買えるZaifがおすすめ!初心者必見のZaif取引所についてメリットやデメリットも含め分かりやすく解説してます。

お役に立ったらシェアしてください!(ツウコが喜びます)

気軽にコメントもしてください♪(twitterアカ対応)