【盗難被害あり】HBwalletの登録と入金・送金方法をシンプルに解説!【Android版】

HBWalletの使い方

こんにちは!夏草ツウコ(@kasou_tsuko)です。今日はEthereumのモバイルウォレットHB Walletについてウォレットの作り方や使い方についてシンプルに解説したいと思います。

夏草ツウコ
今まではMyEtherWalletを使っていたのですがHB Walletを使ってみてシンプルでとても使いやすいと思ったので記事にしてみました。

HBWalletのAndroid版で盗難被害が頻発

5月24日の夕方に公式からアナウンスがありましたがHBWalletのAndroid版で盗難被害が頻発しているようです。Android版をお使いの方は大至急MEW(マイイーサウォレット)などに資金を移すことをオススメします。

また被害に遭われた方の被害報告は(bacoor.support1@bacoor.co)もしくは緊急Discord連絡先(https://discord.gg/M6ysphb)に盗まれた総額・通貨名・イーサリアムアドレスを連絡しましょう。

なおDiscordでの公式からのコメントではバージョン1.5.1のAndroid版にスパイウェアを仕込まれていたみたいで秘密鍵が流失しているみたいです。他のウォレットに移す際にETHがなくGAS不足で送金できない場合は公式に連絡すると送金する分のETHを負担してくれるみたいです。

夏草ツウコ
今回の事件の犯人は元運営の方だったらしく刑事告訴するみたいです。またHBWalletで実際に被害に合われた方には代表取締役が直接お伺いしお返しするとのことみたいです。

HB Walletとは?

HBWalletとは
アプリ名 HB Wallet
対応通貨数 1万種類以上
開発元 バコオアー株式会社
住所 〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中6丁目9番地 神戸ファッションマート8階
設立 2017年2月9日
サイト http://bacoor.co/

まずHBWalletとはどんなウォレットなのかといった部分にクローズアップしてみたいと思います。HBWalletの特徴として最初に挙げられるのがEthereumやEthereum系のトークン(ERC20やERC223)を管理するのにとってもシンプルで使いやすいといった部分がポイントです。そして1万種類以上のERC系トークンにも対応しているのもポイントです。また仮想通貨を送金する際にHBWalletは円換算で金額を指定して送金できるのも特徴と言えます。

夏草ツウコ
​そしてHBWalletはデータのサーバ管理は一切してなくてスマホ内で完結するシステムになっているみたいです♪

HB Walletの登録方法(インストール)

まずiPhoneの場合はAppStoreからAndroidの場合はGoogleplayからアプリをインストールしましょう。

インストールが完了したらHBWalletのアイコンをタップして起動しましょう。

HBWalletを起動すると最初に言語の選択になりますので日本語を選択しましょう。

次に新しいウォレットを作成するを選択して次に進み利用規約とプライバシーポリシーに同意します。

少し待つとHBWalletの初期設定が完了してEthereumのウォレットが追加されます。

パスフレーズのバックアップ

HBWalletを実際に使う前に万が一に備えて復元するためのパスフレーズや秘密鍵をまずはプリンターでプリントアウトするかメモに書いて保管しましょう。パスフレーズと秘密鍵の確認方法は「その他」→「パスフレーズを表示」と「プライベートキーを表示」で確認できます。

万が一12個のパスフレーズを忘れた場合はウォレットの復旧ができませんので必ずパスフレーズはバックアップを取りましょう。携帯を紛失した時や機種変更をした時もパスフレーズを入力すると簡単に復旧できるみたいです。

ちなみに秘密鍵(プライベートキー)はMyEtherWalletでも残高確認などで使うことが可能です。MyEtherWalletの「お財布情報を見る」→「秘密鍵 」で入力すると確認できます。またタブレット等と同期する際は同じパスフレーズを入力すると複数の端末とペアリングできるみたいです。

夏草ツウコ
秘密鍵については所有者がアカウントの所有者ということを証明するカギになってます。パスフレーズについては携帯を紛失した際などにウォレットを復旧する時に使う英単語です。

表示するフィアットの設定

続いて保有通貨を送金する際などに円換算で送金できるようにフィアット(法定通貨)の設定をします。設定方法は下のメニューにある「その他」→「法定通貨」でフィアットの一覧が表示されますので「JPY日本円」を選択しましょう。

HB Walletにトークンを追加する

HBWalletでEthereumを保管する場合はデフォルトの設定のままで良いのですがERC20やERC223のトークンを保管する場合にはトークンのウォレットを追加します。追加方法は下のメニューから「トークン検索」で検索欄に追加したいトークン名を入力します。

追加したいトークンが表示されたらて「ウォレットに追加」タップしましょう。

追加が完了するとウォレットトップにカード表示形式で追加したトークンが表示されますので上下にスワイプして選択します。

選択したトークンのカードをタップするとウォレットの情報が表示されます。

ウォレットのアドレスを確認する方法

トークンのウォレットの自分のアドレスを確認する方法はウォレットトップよりトークンを選択した画面でカードを下にスワイプすると上記の画像のようにアドレスが表示されます。

また下メニューの受信をタップすると受信用のQRコードが確認できます。ちなみにQRコードをタップすると自分のウォレットのアドレスがコピーされます。

カスタムトークンを追加する方法

HBWalletにERC20などのカスタムトークンを追加する場合はまず下のメニューから「トークン検索」をタップした画面で右上の「➕」アイコンをタップします。

そうすると新しいトークンというページに遷移しますので追加したいトークンのコントラクトアドレスを調べてコピペします。コントラクトアドレスをコピペするとトークン名や桁数は自動的に入力されます。続いて「画像を追加」という部分をタップして追加したいトークンの画像をアップロードするとトップページにカスタムトークンが表示されるようになります。

カスタムトークンが追加されないといった場合には画像の追加をしてないケースが多いみたいなので必ず追加するようにしましょう。また画像を画像はネットから探してダウンロードしたものを登録すると良いと思います。

ウォレットから送金する方法

HBWalletから送金する場合の操作方法は通貨やトークンを選択した画面から下のメニューバーより「送信」をタップすると上記の画面になります。送信先のアドレスと送信する数量もしくは日本円換算での数量を入力して送信をタップすると送金ができます。

PCから操作する方法


後日実践してみてわかったのですがHBWalletの秘密鍵を使ってMyEtherWalletでETH(イーサリアム)を送信することもできました。MyEtherWalletにアクセスして「Ether/トークンの送出」を選択して「秘密鍵」でログインすると送金できます。また「お財布の情報を見る」で秘密鍵を使ってログインするとウォレットの情報も確認できます。


またAirDropなどでHBWalletを使う際に配布されたか確認するにはEthplorer(イーサエクスプローラー)というサイトにHBWalletの受信用アドレスをコピペするとすぐに一覧で確認ができますので受信用アドレスを打ち込んだ画面をブックマーク等しておくと便利だと思います。

この記事のまとめ

ざっくりでしたがHBWalletの使い方の解説記事は以上になります。全体的には使いやすく便利だと思いましたがカスタムトークンを登録してもなぜか表示が消えてしまうといった部分だけ残念な部分もあります。保有する通貨が消える訳ではないのですがバグでカード一覧から表示されなくなるのでEthplorerで確認するのがちょっと面倒なのが難点ですね。HBWalletについてはまだまだ使っていこうと思いますので便利な使い方など発見したら随時追記していこうと思います。

夏草ツウコ
HBWalletにはエアドロップ機能だったり生体認証機能も実装しているみたいです。個人的に今後の開発やアップデートに期待してます♪

大切な資産はLedgerNanoS(ハードウェアウォレット)

LedgerNanoS

大切な資産はLedgerNanoS(ハードウェアウォレット)とMyEtherWalletを組み合わせてERC20トークンの秘密鍵を管理することも可能です。ハッキング被害にあう前に検討してみてはいかがでしょうか。

お役に立ったらシェアしてください!(ツウコが喜びます)

気軽にコメントもしてください♪(twitterアカ対応)