CryptoBridge(クリプトブリッジ)の登録方法や使い方をシンプルに解説!DEX(分散型取引所)とは?ステーキングとは?についても説明あり!

cryptobridgeの使い方

こんにちは(^_^*)夏草ツウコです!今日は分散取引所のCryptoBridge(クリプトブリッジ)の登録方法や使い方についてシンプルに説明したいと思います。

夏草ツウコ
CryptoBridge(クリプトブリッジ)は国内産仮想通貨のBitZenyはもちろんですが何かと話題のXPやXVGなどの取り扱いもあります。そして日本語表示に対応していてシンプルな操作画面が魅力!

CryptoBridge(クリプトブリッジ)とは?

取扱通貨数 取引手数料 不正保証 2段階認証
19種類 0.2% 非対応 非対応
取扱通貨
BCO ZNY MONA XP
LTC DASH BCH 他11種類

CryptoBridge(クリプトブリッジ)とはどういう取引所なのかというと特徴的なのがDEXと言われる分散型取引所という部分です。

DEX(分散型取引所)とは?

仮想通貨取引所のDEXとは?
これはどういうことなのかと言うとシンプルに説明すると取引所内のウォレットデータを10箇所以上のサーバに分散化させているので万が一1箇所ハッキングなどをされても残りのサーバと同期することで復元が出来るといった機能を持っている取引所という事になります。これによってアクセスや取引が集中した際にサーバがダウンしてしまうというリスクも回避できるのもメリットの一つだと思います。

BCOのステーキングとは?


CryptoBridge独自の通貨であるBCO(ブリッジコイン)を一定期間(1・3・6・12ヶ月)ロックアップすることでステーキングといって収益の50%が分配されます。期間は1日ごとに計算されて隔週でBCOで配当されます。やり方は上のメニューバーから【アカウント】を選択して左メニューの一番下にあるBridgeCoinをステーキングするというメニューをクリックします。次にステーキングする量と期間を選択して新しいステーキングを作成するというボタンをクリックします。

夏草ツウコ
ちなみにステーキングとはPoS(proof of stake)のstakeの部分が由来です。

CryptoBridge(クリプトブリッジ)のメリット

  1. 日本語表示対応で使いやすい
  2. UI(ユーザーインターフェイス)がシンプル
  3. 取引量に応じて0.1%のボーナス付与
まずメリットとして挙げられるのが何と言っても日本語に対応しているといった部分です。これはかなりハードルが下がるので好感度高いです。次に実際に取引をする画面がシンプルにまとめられていて使いやすいといった部分です。最後に取引量に応じてて0.1%のボーナス付与されるといった部分もメリットと言えるでしょう。

CryptoBridge(クリプトブリッジ)のデメリット

  1. 取扱通貨量が少ない
  2. サポートが英語
  3. 二段階認証が非対応
まずデメリットとしては通貨数が少ないのが少しだけ気になります。そして当然ながらサポートは英語が必須。そして分散化されたシステムの取引所なので二段階認証が対応不可というのもデメリットとして挙げられます。

CryptoBridge(クリプトブリッジ)の登録方法

まず公式サイトより【LUNCH DEX】のボタンをクリックします。

そうすると登録画面に遷移しますのでまず最初に日本語化を設定しましょう。

次に右上のアメリカ国旗の部分をクリックするとプルダウンが表示されますので日本語を選択すると日本語表示になりますので【アカウント作成】というボタンをクリックしましょう。

次にアカウント名(半角英語+数字)やパスワードの確認をして登録をするとウォレットのトップページへと遷移して登録は完了です。

CryptoBridge(クリプトブリッジ)の最初に登録したパスワードを忘れるとログインが不可能になりますので必ずメモかプリントアウトをしておきましょう。

CryptoBridge(クリプトブリッジ)に送金


次にCryptoBridge(クリプトブリッジ)に入金するやり方なのですがまず上のメニューから【入金/出金】を選択しましょう。そうするとコインの入金と出金という画面に遷移しますのでそこで入金したい通貨を選択します。選択するとウォレットアドレスが表示されますのでそのアドレス宛に国内の取引所やウォレットから送金しましょう。

CryptoBridge(クリプトブリッジ)に送金するならMONA(モナコイン)がオススメ

また送金する際にオススメなのはZaifでMONA(モナコイン)を購入して送金すると手数料も安く送金スピードもBTC(ビットコイン)より速いです。ちなみに送金手数料も現時点ではBTC(ビットコイン)が1,602円ですがMONA(モナコイン)をZaifから送金すると1.1と格安なのです。

通貨名 送金手数料 参考料金
BTC 0.001BTC 1,602円
MONA 0.001MONA 1.1円

Zaifは板取引といって自分の欲しい金額で注文が出来ます。Zaifに口座を持ってない場合はハガキが届くまで時間が掛かるので余裕を持って早めに作っておくのをお勧めします。

CryptoBridge(クリプトブリッジ)でトレードする方法

デポジットが反映されたらトップページよりトレードしたい通貨を選択します。

トレードの画面になったら買いたい場合は買うという部分に価格と数量を入力して【買う】ボタンを押して注文します。すぐに購入したい場合は売り板(売り注文)の一番上の部分をクリックすると金額が自動で入力されますので数量を調節して購入できます。

CryptoBridge(クリプトブリッジ)から送金

では最後にCryptoBridge(クリプトブリッジ)で購入した仮想通貨を送金する方法についてです。まず上のメニューから【入金/出金】を選択しましょう。そうすると入出金の画面に遷移しますので次に送金する通貨を選択して出金を選択後に【今すぐ出金】というボタンをクリックすると出金数量と出金先のアドレスの入力フォームがでますので入力して【出金】のボタンを押します。

CryptoBridge(クリプトブリッジ)でのトラブル対処法

CryptoBridge(クリプトブリッジ)でのトラブル対処法

CryptoBridge(クリプトブリッジ)で入金が反映されない時や送金されない場合は英語でのサポートになりますので例文も掲載しておきます。サポートはメールからfreshdeskでの対応になるみたいなのでまずはsupport@crypto-bridge.orgに送信しましょう。サポートの受ける手順としては以下になります。

  1. サポート宛にメールを送る
  2. freshdeskの登録をする
  3. freshdesk内でチケットを確認

 

サポート宛にメールを送ると5分程度でfreshdeskの登録URLが届きます。URL先でパスワードを設定するとログインできますので【Check Ticket Status】という部分をクリックするとメールで相談した内容が掲載されてます。基本的にはfreshdeskというクラウド上のカスタマーサポートソフトウェアを利用するみたいです。

入金が反映されないケース

タイトル

Please support as 通貨名 is not reflected in deposit

本文

Hi CryptoBridge

Please help as 通貨名 coins sent to CryptoBridge are not reflected in the deposit.
Please let me know if there is anything I can do.
username:ユーザーネーム
Currency:通貨名
Amount:数量
Hash(Tx):ハッシュID

赤文字の部分をご自身の情報に変更してご利用ください。(正しい英語か分かりません)

送金されないケース

タイトル

Please support as 通貨名 can not withdraw

本文

Hi CryptoBridge

I remitted 通貨名 from CryptoBridge, but I do not seem to be able to send it correctly, I would like you to help me.

username:ユーザーネーム
Currency:通貨名
Amount:数量
Hash(Tx):ハッシュID

赤文字の部分をご自身の情報に変更してご利用ください。(正しい英語か分かりません)

お役に立ったらシェアしてください!(ツウコが喜びます)

8 件のコメント

  • 見やすくて、分かりやすくて、とても参考になりました。
    お時間がありましたら、cryptobridgeの設定部分(リストア/インポート等)も解説して頂けると幸いです。

  • はじめまして(‘ω’)ノ
    すごくためになるサイトありがとうございます。気になる取引所でしたので記事内容が大変助かります。

    分散型取引所って初めて見るんですが二段階認証なしでも大丈夫なんでしょうか?
    (運営者ではないでしょうから感想で構いませんw)

    • こめんとありがとうございます(*^^*)個人的な意見になりますが2段階認証についてはCryptoBridgeの場合はDEXといってサーバが分散されているためどうしても利用ができないみたいです。不正アクセスは不可能との見解もあると思いますが心配な場合は購入後はローカルウォレットに送って保管するのが安全と考えます。不正確アクセスが不可能な理由についてはツウコも気になるので後ほどCryptoBridgeのサポートに問い合わせてみたいと思います。

  • remitted 通貨名 from CryptoBridge, but I do not seem to be able to send it correctly, so I would like to support you の correctlyの後を、correctly. I would like you to help me. などに変えるといいと思います。今のままだと意味がかなりずれているかなと。。

    • はじめまして(*’ω’*)英文のご指摘頂きありがとうございます!修正しておきます。

  • 気軽にコメントもしてください♪(twitterアカ対応)