仮想通貨初心者は自分に合った取引スタイルを見つけよう!スキャルピング・デイトレ・スイングトレードとは?

こんにちは!夏草ツウコ(@kasou_tsuko)です。今日は仮想通貨の初心さん向けに自分に合った取引スタイルを見極める方法について記事にしたいと思います。

夏草ツウコ
基本的にツウコを含め初心者さんは下手に取引回数を増やすより底値で買って上がった時に売る長期保有(ガチホ)がおすすめです。株式投資やFX経験者さんでチャート読みや情報収集が上手な方はレバレッジを掛けて短期トレードで利益を出せる方も多いと思います。

仮想通貨の取引スタイルは主に3種類

まず仮想通貨のトレードで利益を出す投資の方法として保有する期間で分けてスキャルピング・デイトレ・スイングトレードといったスタイルがありますので自分に合った取引スタイルを見つけるのが最初に自分の中で決めるルールになります。どの方法も利益を出せる可能性はありますが損をするケースもありますので慎重にチョイスするのをおすすめします。

取引手法 ポジション 取引回数 利幅
スキャルピング 短期 多い 少ない
デイトレード 中期 少ない 普通
スイングトレード 長期 少ない 大きい

外国為替などとは違い仮想通貨はボラティリティ(価格変動)が大きいので現物を底値で買えたらスイングトレードのような長期的な投資手法でも大きく利益が出る可能性もあるのが特徴です。取引所によってはスプレッドが高い所もありますのでデイトレードなどでの仮想通貨の取引はすればする程に価格差で損をする可能性もあります。レバレッジを掛けたFX取引も可能なのでスキャルピングで利益を出すことも可能。

スキャルピング・デイトレ・スイングトレードのうちどの方法が自分にあっているのか分からない方は少額で全て試してみて一番利益が出せて自分がしっくりくるトレードスタイルを選択すると良いと思います。

スキャルピング(数秒〜数分)

世界のビットコイン取引量を比較
仮想通貨でスキャルピングをする場合の主な手法としてはビットコインFXといって証拠金取引でレバレッジを掛けて行う方法が主流です。この取引方法は証拠金として取引所に一時的に一定の金額を預けて最大15倍(海外100倍)の金額分の取引ができるのが特徴です。

日本のビットコインFXは取引量が世界一

ビットコインでの取引量が多いランキング
現にビットコイン(BTC)での取引量は世界中で日本が一番取引量が多くその中でもビットコインFXでの取引が多い事から短期的に爆発的に稼げる可能性に魅力を感じている人も多いのが実情です。しかし爆発的に稼げる反面で爆発的に損をする可能性もありますので要注意です。

ビットコインFXのメリット

ビットコインFXでは最大15倍までのレバレッジを効かせられるメリットは大きいです。また相場が上がっていても下がっていてもどちらでも自分次第で利益が出せるのもメリットとなってます。また24時間取引が可能なのもメリットと言えるでしょう。そして追証(おいしょう)なしで取引できる取引所などもあるため万が一損をしてしまっても証拠金を上回ってしまう事がないのも魅力を感じている人が多い理由だと思います。

ビットコインFXのデメリット

ビットコインFXでスキャルピングをする際のデメリットももちろんあります。それはレバレッジを掛けすぎて強制ロスカットになり損をする可能性も高くなるという以外にもチャートに張り付かなければいけないといった事からお仕事で忙しい人には向かないとったデメリットもあります。また相場勘やテクニカルを駆使したチャートの読み方などを知らないと圧倒的に不利になり損をする可能性もあります。

\\国内取引所でFXならここ//

bitFlyer(ビットフライヤー)取引所とは?取り扱い通貨やメリット・デメリットなどをレビュー!

2017.11.24

\\追証なしのFXならここ//

【日本語対応】BitMEXの登録方法や使い方をシンプルに解説【レバレッジ最大100倍】

2018.02.23

デイトレード(1日以内)

次にデイトレードについてですがこちらも現物取引でトレードする場合よりはBTCFX(ビットコインFX)で取引をする際に向いているトレード方法になります。また現物取引でデイトレードをする際には好材料があるかを自分で調べて確信できた通貨のみに通用すると思います。一般的に仮想通貨の取引でのデイトレードはスプレッドが大きい取引所が多いため向いてない取引方法だと思います。ちなみにスプレッドとは買値(ASK)と売値(BID)の差の事です。スプレッドが大きいと購入した時点で損をするので簡単取引などで購入するのは向いてなく板取引で行うのが絶対条件と言えるでしょう。

夏草ツウコ
基本的にデイトレードは仮想通貨の取引では向いてない取引スタイルなのでメリットやデメリットは割愛させていただきます。

スイングトレード(1日以上)

仮想通貨でのスイングトレードとは長期間保有して(俗に言うガチホ)利益を出すトレードスタイルです。特徴としては仮想通貨は成長が早くたった数ヶ月で何十倍もの価格になるケースもあるので初心者にもっともおすすめのトレード方法です。

モナコインで億万長者が続出


現時点では高騰して高価になった通貨であるモナコインを例にすると分かりやすいのですが価格の低い時期に仕込んでおいて高騰したい際に売り抜けるといったパターンで億万長者(俗に言う億り人)も実際に出ているみたいです。モナコインは1枚当たり2015年の1月には2.7円で取引されていた時期もありますが今年になり大手の取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)に上場され一気に700円まで高騰し約260倍もの値上がりを記録してます。もしその頃に1万円でも購入していたらそれだけで新車の国産車を買える利益になってます。

スイングトレードのメリット

仮想通貨におけるスイングトレードは価格の低い通貨や1円以下の仮想通貨(俗に言う草コイン)に少額から分散投資が可能なのが大きなメリットです。多くの通貨を低い金額で多くの枚数を保有することで利益を出せる可能性が上がるのも特徴だと思います。

スイングトレードのデメリット

一方デメリットとして挙げられるのは仮想通貨が価格が高騰しやすいと言われてますが発行枚数が多かったり世間から認知されなく価値が上がりにくい通貨もあるので見極めを間違えるとじわじわ下げてしまったりヨコヨコの状態が続き精神的に不衛生になり可能性もあるといった部分です。

\\XRP・MONAの現物取引ならここ//

国内取引所ビットバンクの登録方法や使い方をシンプルに解説!モナコインやリップルが板取引できて送金手数料が安い!

2018.04.28

\\XEMの現物取引ならここ//

Zaif(ザイフ)取引所とは?取り扱い通貨やメリット・デメリットなどをレビュー!

2017.11.19

この記事のまとめ

今回は仮想通貨のトレードスタイルについて短期から長期について記事にしましたが基本的には初心者の方はスイングトレード(長期保有)がおすすめです。また仮想通貨(ビットコイン以外も含む)に投資する際にはビットコインの値動きに注目することと最低限のテクニカル分析の知識も必要かと個人的には思います。

【1時間目】仮想通貨初心者のためのテクニカル分析講座!ローソク足の見方から三角持ち合いやレジスタンス・サポートラインやWトップ・ボトムの解説!

2018.01.13

アルトコイン取引の際にも知っておきたいビットコインの世界取引量をチェックする方法!おすすめツール6選!

2018.02.21
夏草ツウコ
自分で興味の湧いた通貨について「どんな目的があって作られた仮想通貨なのか」「上場予定はあるのか」「共感できるコンセプトの仮想通貨なのか」など情報をしっかり調べて地道にコツコツ仮想通貨を集めて利益を出して頂けたら嬉しく思います。

お役に立ったらシェアしてください!(ツウコが喜びます)

気軽にコメントもしてください♪(twitterアカ対応)