Coincheck(コインチェック)取引所とは?取り扱い通貨やメリット・デメリットなどをレビュー!

Coincheck(コインチェック)取引所とは?取り扱い通貨やメリット・デメリットなどをレビュー!

こんにちは!夏草ツウコ(@kasou_tsuko)です。今日は初心者におすすめのCoincheck(コインチェック)取引所について詳しくレビューしたいと思います。コインチェックとはどんな取引所かわかりやすく解説しますので参考にしてみて下さい。

夏草ツウコ
コインチェックはnemの盗難事件からマネックスと資本提携してまもなく事業再開の見通し!?アプリも使いやすく初心者にはおすすめ!

 

Coincheck(コインチェック)取引所とは?

コインチェック
() () () () () () () () () () () () () () () () () ()
取扱通貨数 取引手数料 不正保証 2段階認証
13種類 無料 対象 対応
取扱通貨一覧
BTC ETH ETC LISK
FCT XMR REP XPR
ZEC XEM LTC DASH
BCH

取扱の通貨が多い

コインチェックの取扱の通貨

まずコインチェックの特徴として挙げられるのは取扱の通貨が豊富といった部分です。時価総額が高い通貨を豊富に揃えていることで分散投資がしやすいのもメリットと言えます。分散投資をすることでチャンスを取りこぼすことも少なくなりますし特定の仮想通貨だけ購入しているケースとは違いリスクも回避できるのもメリットと言えます。

コインチェックは業務再開に向けて匿名通貨を含む4種類の取扱通貨(ZEC・XMR・DASH・REP)を取扱中止することを発表しました。

アプリの操作性が抜群

次にコインチェックはアプリの操作性の良さが特徴とも言えます。スマホのウィジェットに通貨の一覧を表示できたり価格の変動を通知してくれる機能やアプリでのチャートの見やすさなどは初心者にとって嬉しい機能が満載です。

コールドウォレットで管理

コインチェックのセキュリティー

コインチェックではセキュリティーの高いコールドウォレットを採用しているのも特徴です。コールドウォレットとはオンラインに繋がってない状態で保管するウォレットで万が一ですがハッカーがコインチェックのシステムに侵入したとしてもサーバー内にデーターを保有してないためコインチェック内に預けている仮想通貨が盗まれるといった可能性が極めて少なくなるといったメリットがあります。

実際にはコールドウォレットやマルチシグウォレットでの管理を行っていなかったみたいです。コインチェックは業務再開に向けてセキュリティー体制を整えると思います。

不正ログインでの損失保証

コインチェックの保証
またコインチェックの特徴として挙げられるのが東京海上日動と提携して不正ログインによる仮想通貨の不正送金があった場合に最大で100万円までの送金被害を保証されるといったポイントになります。保証がある取引所として大手のビットフライヤーも挙げられますがビットフライヤーでは不正なログインでの日本円の出金のみの対応となってますので仮想通貨が不正に送金されても保証は対象外となってしまうので注意が必要です。

損失保証についてはnemの盗難事件の際に実装してなかった事が判明しました。ただし損失分の補填は日本円で行っております。

デメリットもあるので注意

コインチェックには取扱通貨の豊富さやセキュリティーや保証面で安心できるメリットがありますがデメリットもあります。まずはスプレッドが高いといった部分です。コインチェックでアルトコインを購入する際には販売所で購入することになりますので取引を多くする場合は多少割高となります。またレバレッジ取引といって証拠金を担保に手元の軍資金より多い金額で取引する場合はビットフライヤーや15倍までですがコインチェックは5倍までとなってます。

夏草ツウコ
コインチェックはスプレッドの高いというデメリットもありますが売り買いが少ない場合や長期保有で利益を出す場合にはさほど気にならないと思います。それより携帯アプリの操作のしやすさやセキュリティー面での安心感のほうが恩恵が大きいと思います。

運営会社のコインチェック株式会社とは?

コインチェック株式会社とは?
社名 コインチェック株式会社
住所 東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F
代表取締役 和田 晃一良
設立 2012年8月28日
資本金 9200万円
電話番号 03-6416-5370

それではコインチェックを運営しているコインチェック株式会社とはどんな会社なのか簡単に説明したいと思います。まずこの記事でも説明しているコインチェック取引所の運営です。

コインチェックペイメント

次にコインチェックペイメントという実店舗での仮想通貨を使った決済サービスを初期費用や基本使用量を無料で提供してます。また仮想通貨で決済をしたら価格の変動で損をするんじゃないかと思いきや10分間のレート固定で価格の変動にも左右されない仕様になっているので安心して使えるみたいです。実店舗で導入するさいはiphoneやipadだけで完結するので導入コストが低いのも特徴です。

コインチェック電気

またコインチェック電気というサービスも展開していて電気料金をビットコインで支払うことによって利用料の1~7%がビットコインで還元されるというお得なサービスもコインチェックならではの特徴です。

夏草ツウコ
実店舗への仮想通貨決済サービスだったり電気料金の支払いだったりコインチェックが仮想通貨を普及しようと努力を感じられる会社だというのが好印象ですね。

コインチェック代表の和田晃一良さんとは?

コインチェック代表の和田晃一良さん

続いてコインチェックの代表である和田晃一良さんについて簡単に解説したいと思います。和田さんは小学生時代からプログラムを学んでいて大学の時にはクックパッド主催のソフトウエア開発のコンテストで優勝されたという実力の持ち主みたいです。またビリギャルという書籍を生み出した運営サイトSTORYS.JPのエンジニアでもあるのです。年齢も27歳と若いのに素晴らしい実績もある注目の方です。

Coincheck(コインチェック)取引所のメリット

  1. 取扱通貨が豊富で分散投資が可能
  2. セキュリティーや保証が充実
  3. スマホアプリが使いやすい
コインチェックは取扱通貨が豊富なのは特に注目のメリットです。初心者の方は分散投資で毎月少しづつ色んな通貨に投資してみるのも良いと思います。またアプリの機能が充実しているのも嬉しいメリットと言えるでしょう。

Coincheck(コインチェック)取引所のデメリット

  1. スプレッドの高い
  2. レバレッジは最大で5倍
コインチェックのデメリットはスプレッドが高いという部分になりますが初心者がこれから仮想通貨に投資する場合は中長期保有をして高値で売る方がリスクも少ないのでおすすめです。またレバレッジ取引も初心者にはおすすめしないので低くても気にならないと思います。

Coincheck(コインチェック)取引所の口座開設方法

では実際にコインチェックの口座を開設する手順について解説していきたいと思います。主な流れとしては下記のステップになります。

  1. メールアドレス・パスワード登録
  2. 基本情報の登録
  3. SMS・写メールで本人確認をする
  4. ハガキを受け取って本人確認をする

 

口座開設の大まかな流れは上記の4ステップになります。またハガキを受け取って本人確認をする際にはZaifとは違い受け取った時点で認証されますし送られてくるまでの期間も3日程度とスピーディーなのでおすすめです。

お役に立ったらシェアしてください!(ツウコが喜びます)