【2018年版】ビットコインのドミナンス(支配力)とアルトコインの相場の関係とは!?

ビットコインの支配力(ドミナンス)とアルトコインの相場の相関

こんにちは!夏草ツウコ(@kasou_tsuko)です。今日はアルトコインの相場にも直接的に影響を与えやすいビットコインのドミナンス(支配力)について記事を更新してみたいと思います。

夏草ツウコ
アルトコインの相場にビットコインが影響を与えるのはビットコイン建てで取引されている事が多いのが原因とされてますが実際のところはどうなのでしょうか?

ビットコインのドミナンス(支配力)を調べる方法

BitcoinEthereumBitcoinCashLitecoinRippleDashNemMoneroIOTANEOOterrs(マイナーアルトコイン)

 

まずビットコインとアルトコインのドミナンス(支配力)についてcoinmarketcapという仮想通貨の時価総額ランキングサイトを参考にしてみましょう。このサイトでは主に時価総額や出来高をランキングにしているサイトですがビットコインの時価総額チャートとアルトコインの時価総額チャートが掲載されているページがあるのでとても参考になります。ちなみに画像のチャートはビットコインとメジャーアルトコインやマイナーアルトコインのボリュームをひとまとめにした仕様になっていて仮想通貨内での資金の流れを知るのに役立ちます。

ビットコインとアルトコインの相場の関係性


まず広い視野で上記のチャートを見てみるとビットコインが下がった時にアルトコインのドミナンスが上がるのがわかります。ではなぜビットコインのドミナンスが下がるとアルトコインのドミナンスがあがるのでしょうか?

優れたアルトコインに資金が移動

まずビットコインドミナンスが下がるそもそもの原因としてはアルトコインの上場や開発のローンチなどビットコインより価格が上がりそうだと判断した投資家がビットコインを売ってアルトコインを購入して資金が移っていると考えるの一般的です。ドミナンスのチャートが法定通貨からの流入まで判断できないのでビットコインドミナンスだけでは判断は難しいですが仮想通貨内の資金の流れを考えたときにどの通貨に資金が流れているのかジャッチできます。

取引所ハッキングや規制による下落

一般的にはビットコインにネガティブなニュース(ハッキング・法的規制)があったりするとビットコインの価格が下がりビットコインを売った投資家たちがよりビットコインより機能性に優れたアルトコインに投資している事もビットコインのドミナンスが下がる原因とされてます。

  1. 2014年のマウントゴックス事件
  2. まずファーストインパクトとして2014年の矢印部分はマウントゴックスによるビットコインハッキング事件による価格の低下です。

  3. 2015年のビットスタンプ事件
  4. 次にセカンドインパクトとして2015年1月に当時世界第3位の取引量があったビットスタンプのハッキング事件が下落の原因です。

  5. 2016年のビットフィネックス事件
  6. 次にサードインパクトとして2016年8月に香港のBitfinexのハッキング事件でビットコインが盗まれ下落してます。

  7. 2017年の中国政府による規制
  8. そして2017年9月には中国政府によるビットコイン取引の規制発表で下落してます。

 

上記はビットコインのハッキングによる価格の推移です。以前まで巷でビットコインが下がったからアルトのターンだとか耳にする原因が分かりますね。

夏草ツウコ
今年に入ってからはビットコインの下落に伴いアルトコインも吊られて下がる現象が起きてます。

ビットコインとアルトコインの下落原因

ビットコインとアルトコインの相場の関係
アルトコインがビットコインの価格に吊られて下がる原因についてはBTC建てでのアルトコイン取引が多いことが原因とされてます。ただし今まではビットコインが下がってアルトコインに資金が移動していたケースが多かったのですが今年に入ってビットコインのに吊られて仮想通貨全体の相場全体が冷え込んでいると思います。この場合は一般的に仮想通貨そのものから法定通貨や他の投資商品に資金が流れていると判断しても良さそうです。

夏草ツウコ
上記の事からアルトコインのみ保有している場合でもビットコインの相場をチェックするのは必要だと個人的には感じてます。

国内取引所のトラブル

ただご存知の方も多いと思いますが今年に入ってからはコインチェックのハッキングによるNEMの盗難事件からはじまりビットフライヤーのBTCFXの現物との乖離率を解消するために採用したSFDという制度が逆手に取られた事案だったりザイフの簡単取引でのビットコインが0円で大量に購入できてしまうといった事件が裏目に出て仮想通貨全体の価格が下がるといった現象が起きてます。

G20首脳会合での規制案


また今年の3月にはフランスのルメール経済・財務相がG20首脳会合で「ビットコインのリスクの分析や規制についてドイツとともにG20参加国に提案したい」といった仮想通貨の規制を提案する事から仮想通貨に関わる投資家たちにネガティブな印象を与えたのも原因とも言えるでしょう。

この記事のまとめ

個人的にはコインチェックはみずほフィナンシャルグループと伊藤忠の投資部門からの増資などのニュースもありましたが先日アプリのアップデートでセキュリティーの強化を行ったり運営を続行する意思はあるのかと思ってます。またビットフライヤーもSFDの見直しを検討したりザイフも代表の朝山さんが文春に説明する記事を掲載するとされてますので国内取引所の営業再開や信頼回復を心から応援してます。

そして仮想通貨市場の相場回復には国内取引所はセキュリティー対策をしっかり施策して金融庁が定めるべき投資家の安全性を高める規制は必要かと思ってます。そして悪材料を乗り越えたら仮想通貨市場にも春が来ると信じてます。

夏草ツウコ
最後にアルトコインのみの現物保有の方も主軸通貨であるビットコインの相場をチェックする癖をつけ円建てのみではなく取引量が多いUSD建てもチェックすることをオススメします。

アルトコイン取引の際にも知っておきたいビットコインの世界取引量をチェックする方法!おすすめツール6選!

2018.02.21

お役に立ったらシェアしてください!(ツウコが喜びます)

気軽にコメントもしてください♪(twitterアカ対応)