【最新版】BINANCE(バイナンス)の登録方法や使い方をシンプルに解説!

【最新版】BINANCE(バイナンス)の登録方法や使い方をシンプルに解説!

こんにちは!夏草ツウコ(@kasou_tsuko)です。今日はBTC(ビットコイン)の分裂コインが貰える海外取引所で有名なBINANCE(バイナンス)の登録方法や使い方について記事にしてみたいと思います。BINANCEとはどんな取引所なのかメリットやデメリットも分かりやすくまとめてみたいと思います。

夏草ツウコ
実際にバイナンスを使ってみて感じたのはメールアドレスのみで登録ができて注目のアルトコインがあり日本語表示で使いやすいといった3つのメリットを感じました。

BINANCE(バイナンス)とは?

binance-top-min
取扱通貨数 取引手数料 不正保証 2段階認証
95種類 0.1% 非対応 対応
取扱通貨
BTC BCC ETH XRP
ADA XVG TRX 他88種類

中国の仮想通貨取引所であるバイナンスとはどのような取引所なのでしょうか?まずはバイナンスの具体的な特徴をまとめてご紹介したいと思います。

日本語対応で使いやすい

バイナンスは日本語対応
まずバイナンスの特徴として挙げられるのが日本語に対応しているという部分です。ツウコを含め仮想通貨初心者さんにはやっぱり日本語表示ができるかできないかによって使いやすさは格段に変わってきますよね。

登録は身分証不要でシンプル


そして次に挙げられるバイナンスの特徴は登録する際に身分証が不要でメールアドレスのみで完結してしまうといった部分です。ちなみに免許証やパスポートの本人確認書類を提出しない場合は24時間の出金制限が2BTCまでとなってます。またハガキでの本人確認も無いので機会損失も少なくなるし登録もすごく簡単です。

アジア最大級の取り扱い通貨量

バイナンス取り扱い通貨
国内の取引所ではコインチェックが13種類となってますがバイナンスは現時点で95種類の仮想通貨を取り扱ってます。メジャーな通貨であるBTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)以外にも最近ジョンマカフィーの発言で話題となっているTRX(トロン)や急騰中のXVG(バージ)等も取り扱いがあります。

人気のアルトコインを板取引で安く仕込める

バイナンスは板取引
またコインチェックではBTC(ビットコイン)以外は成り行き注文といって指値での注文ができないのですがバイナンスの場合は基本的に板取引なのでスプレッドが低いのも特徴となってます。

ビットコインのハードフォーク時の発生コインを付与

bitcoin-hard-fork
そしてバイナンスの特徴として最後に注目して貰いたいのがBTC(ビットコイン)がハードフォーク(分裂)した際に発生する新しいコインを付与してくれる可能性が高いといった部分です。国内の取引所では付与されない新しいビットコインもBTCを預けているだけで無料で付与されるのでお得感はあります。

BINANCE(バイナンス)のメリット

  1. 日本語表示対応で使いやすい
  2. 登録が早くてシンプル
  3. 取り扱い通貨が豊富
  4. 指値で注文できる板取引に対応
  5. BTCハードフォーク時の付与に対応
バイナンスのメリットとしては何といっても登録がメールアドレスのみでも完結させられるシンプルさと取り扱い通貨の豊富さだと思います。クリプトピアと比較すると少ない気もしますが日本語表示が可能なのバイナンスの方が使いやすさでは勝ります。

BINANCE(バイナンス)のデメリット

  1. サポートが英語
  2. 円表示に非対応
バイナンスのデメリットとしてはサポートを受ける際には英語が必須という部分です。また円表示にも対応していないため資産はドルで表示されます。

BINANCE(バイナンス)の登録方法

バイナンスの登録方法
まずはバイナンスの公式サイトのトップページから【アカウントを作成します】をクリックします。

BINANCE(バイナンス)の登録方法
次にメールアドレスとログインパスワードを入力して【登録】をクリックします。

BINANCE(バイナンス)の登録方法

登録ボタンをクリックすると登録したメールアドレスに認証メールを送ったと表示されます。

メールを確認して【VerifyEmail】をクリックすると認証されるページに遷移します。

これで登録は完了です。

二段階認証を設定

バイナンスの二段階認証の設定方法

ログインするとすぐに二段階認証のポップアップが表示されます。右側のは中国専用のモバイル二段階認証みたいなので左側のGoogle認証を選択します。

バイナンスの二段階認証の設定方法

次に携帯のアプリのGoogleAuthenticatorでQRコードを読み取ります。読み取ると6桁のPINコードが表示されますのでその番号を二次検証コードと記載されている部分に入力してログインパスワードを入力して【Enable2FA】をクリックしましょう。

二段階認証の不具合などでログインが不可能になった場合に復旧するためにこのページは必ずメモかプリントアウトをしておきましょう。

coincheck(バイナンス)に送金

実際にトレードをする前にバイナンスにデポジットを入れる必要があります。日本円などで入金することができないのでコインチェックの場合は送金スピードが速く手数料も安いXRP(リップル)でZaifの場合はETH(イーサリアム)で送金するのが良いと思います。BTC(ビットコイン)の場合は送金手数料も高く送金スピードも遅いと半日以上掛かるケースもあるので注意が必要です。

まず上のメニューバーから資産にカーソルを合わせて預金の引き出しを選択します。

次に資産一覧が表示されますので預金&引き出しの下の検索ボックスに送金予定の通貨名称を入力します。通貨一覧から希望の通貨の預金の部分をクリックするとウォレットアドレスが表示されます。

coincheckからcoincheckにXRP(リップル)を送金する方法

ここではXRP(リップル)を例にして説明しますがバイナンスにXRPを送金する際には送金タグも設定しなければいけません。

次にコインチェックから送金する場合にはコインを送るというメニューからRippleを送るを選択します。次に送金先リストを編集をクリックしてラベルはBINANCEと入力して宛先にバイナンスのウォレットアドレスを入力してXRP宛先タグを使用するにチェックを入れてバイナンスの送金タグも入力しましょう。最後に送金する数量を選択して【送金する】をクリックしましょう。

国内取引所での送金手数料を比較

国内取引所coincheckとZaifからBINANCE(バイナンス)に送金する際に掛かる手数料も比較してみました。

取引所名 通貨名 手数料 円建て手数料
coincheck XRP(Ripple) 0.15XRP 20.7円
Zaif ETH(ethereum) 0.01ETH 851.6円

手数料のみの比較ですが圧倒的にリップル(XRP)が有利だったので今回はcoincheck経由での送金を採用させて頂きました。

BINANCE(バイナンス)の使い方

バイナンスで取引を行う際には上のメニューから取引センターにカーソルを合わせてベーシックかアドバンスを選択することで取引画面に遷移することができます。それぞれの違いについてはベーシックの場合はシンプルな板取引でアドバンスの場合はチャートを分析するテクニカルが使用出来たり高機能になってます。今回はシンプルに解説するのでベーシックのみ解説したいと思います。

ベーシックの取引画面の見方

まずベーシックの取引画面の各パーツの説明をしたいと思います。取引の画面は上記の画面で各パーツについて簡単に説明したいと思います。

売板

一番左上のピンクの部分が売板といって売り注文の一覧になってます。

買板

左下のグリーンの部分は買板といって買い注文の一覧が表示されてます。

通貨ペア

右上のブルーの部分は通貨一覧が表示されていて上の検索フォームから通貨を指定することができます。

成約した注文

右下のオレンジの部分が時系列で注文が通った一覧表になってます。ちなみにピンク色が売り注文でグリーンが買い注文となってます。

注文画面

実際に購入する際には左側の購入の部分に価格と数量の選択をして【購入】ボタンで注文が出せます。逆に売る時は右側の売却の部分に価格と数量の選択をして【売却】ボタンで注文が出せます。

夏草ツウコ
ちなみに上部のLimitという部分は指数注文の事でMarketは成行注文の事を意味します。Limitは自分の指定する金額で注文したい時に利用してMarketは早く買いたい時や早く売りたい時に選択します。またstop-limitは特殊注文になるので今回は割愛させて頂きます。

バイナンスのベーシックのチャートの見方

ではバイナンスでのチャートの見方も簡単に説明しておきたいと思います。あくまでも目安ですがデフォルトで表示されるテクニカル指標の見方についても書きたいと思います。

移動平均線の見方

バイナンスの移動平均線の見方

まずベーシックに表示される3本の線について解説してみたいと思います。この3つの線はSMA(単純移動平均線)というテクニカル指標で一定期間の平均を線で結んだラインの事を指します。数値については下記の一覧を参考にしてみてください。

  1. 7MA=ローソク足7本分の平均
  2. 25MA=ローソク足25本分の平均
  3. 99MA=ローソク足99本分の平均

 

そしてこの指標は何を見るのかというとトレンドを見やすくするトレンドフォロー系のテクニカル指標となってます。短期的なトレンドを見る場合には本数の少ない平均移動線を見て長期的なトレンドを見る場合には本数の多い平均移動線を見ます。

また平均移動を複数使う事でゴールデンクロス(買いシグナル)やデッドクロス(売りシグナル)の判断材料としても使えます。一番わかりやすいのが上記のチャートでのゴールデンクロスで上昇相場に入ったことを意味しています。

MACDの見方

バイナンスのMACDの見方
MACD(マックディー)はトレンド系とオシレーター系両方の特性をもったテクニカル指標です。平均移動線を進化させた指標でEMA(指数平滑移動平均線)をベースとしていて単純平均移動線よりも直近の値動きに早く反応する特性があります。

また右端の数字を見て0を基準にゼロラインと言ってゼロラインよりMACDラインが上にある時は上昇トレンドでゼロラインよりMACDラインが下にある時は下降トレンドの状態の可能性があると判断できます。

BINANCE(バイナンス)での入出金トラブル対処法

BINANCE(バイナンス)での入出金トラブル対処法

バイナンスでの入出金トラブルがあった場合は上のメニューバーからサポートセンターをクリックして右上に表示されている【Submit Request】からサポートを受けることができます。

入金が反映されないケースの例文

Please select your issue below

Help with Deposits

 

Subject

Please support as 通貨名 is not reflected in deposit

 

Description

Hi BINANCE support

Please help as 通貨名 coins sent to BINANCE are not reflected in the deposit.
Please let me know if there is anything I can do.

 

Binance Account Email

バイナンスの登録メールアドレス

 

Deposit Issue Type

Deposit Missing

 

Coin Name

通貨名

 

Transaction ID

トランザクションID

 

Transaction Address

取引アドレス

 

赤文字の部分をご自身の情報に変更してご利用ください。(正しい英語か分かりません)

送金されないケースの例文

Please select your issue below

Help with Deposits

 

Subject

Please support as 通貨名 can not withdraw

 

Description

Hi BINANCE support

I remitted 通貨名 from BINANCE, but I do not seem to be able to send it correctly, so I would like to support you.Please let me know if there is anything I can do.

 

Binance Account Email

バイナンスの登録メールアドレス

 

Deposit Issue Type

Deposit Missing

 

Coin Name

通貨名

 

Transaction ID

トランザクションID

 

Transaction Address

取引アドレス

 

赤文字の部分をご自身の情報に変更してご利用ください。(正しい英語か分かりません)

お役に立ったらシェアしてください!(ツウコが喜びます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA